太陽電池式街路照明の世界市場動向

©astuteanalytica

 astuteanalyticaが報告したレポート「太陽電池式街路照明の世界市場の概要」には多くの興味深いポイントが提示されていました。以下、それら主なポイントと意味をまとめました。

*astuteanalytica掲載許諾済(2023/08/10株式会社Bloom)

  1. 市場価値:2030年までに太陽電池式街路照明の市場価値は157億1640万米ドルに達すると予想。これは、非常に急速な成長率である17.12%のCAGRでの成長を意味します。※CAGR(年平均成長率)とは、企業の複数年にわたる成長率から1年当たりの幾何平均を求めたものを数値化したもの。
  2. 成長の要因
    • スマートシティへの注目度の高まり
    • 太陽エネルギーへの取り組み増加
    • 政府や非政府機関からの支援
  3. 市場の細分化
    • タイプ: ポータブル、スタンドアロン、集中管理型など
    • コンポーネント: コントローラー、ランプ、太陽電池パネル、センサー、電池など
    • アプリケーション: 駐車場、高速道路、空港滑走路、製造現場、遊び場、庭園など
  4. 地域別分析
    • アジア太平洋: この地域は市場の最大のシェアを持つと予想され、成長率は18%以上とされる。
    • 欧州: 太陽光発電に対する意識の高まりから、安定した成長が見込まれている。
    • 北米: この地域でも大きな成長が見込まれている。
    • 中東・アフリカ: 2030年までに太陽光発電街路照明の数は4,500万台を超えると予想されている。

レポート記事 URL「ソーラー街路灯市場は2030年に15,716.4百万ドルに達すると予測|Astute Analyticaのプレスリリース (prtimes.jp)

原文記事 URL「Solar Street Lighting Market Size, Trends, Forecast To 2030 (astuteanalytica.com)